MENU

株式会社 大阪ホーム
〒542-0061
大阪市中央区安堂寺町1丁目5番11号
大阪ホーム谷六ビル

TEL : 06-6191-3303
FAX : 06-6191-3377
営業時間 : 9:00~20:00
定休日 : 水曜日

ブログ

【ウッドショック】

こんにちは!

「ウッドショック」という言葉をご存知ですか?
今、世界的に進んでいる現象で
家づくりに大きな影響が出ています。

一体、どういうことなのか詳しく書いていきたいと思います。

 

ウッドショックとは?


木材の供給不足により急激に価格が高騰すること。

過去にも何度かウッドショックがありましたが
今回はコロナウイルスによる影響が大変大きいものとなっています。

価格は、木材先物価格で1年で5倍超の高騰となっています。

 

原因は?


コロナウイルスの影響による3つの原因をご説明します。


①アメリカ、中国で木材需要が拡大
景気が回復してきたアメリカでは、現在低金利で住宅購入ができる状況。
また、リモートワークが増えたことにより、
都心から郊外の住宅を購入するケースが増えています。

コロナウイルスの抑え込みにいち早く成功した中国も
現在アメリカと同じように木材需要が大幅に増えています。

もともと大きな市場であったアメリカ・中国がより活性化したことにより
木材が不足し価格の高騰へと繋がっています。

②コンテナ不足
去年の4〜6月、コロナウイルスにより物流が動かなくなり
船やコンテナの数を減らして運営維持をしていました。

もともと人員不足だったところに
巣ごもり重要により、世界中で物流が動き出し混乱が発生。

そしてコンテナ物流がひっ迫し
日本だけでなく、世界中でコンテナ不足となり運送コストも高騰しています。


③国産木材の供給が難しい
森林大国の日本だから、国産の木材を使ったらいいんじゃないかと思いますよね。
ですが、日本の住宅の多くが輸入木材に頼っているために
現在日本には林業を営む担い手も少なく、製材する場所も少なく
森林地域が過疎化しているため
日本の供給をすぐに増やすことは難しいことが現状です。

 

まとめ


しばらくはウッドショックが続き、価格が高騰する可能性があり
いつ建てたらいいのか、いつ購入すればいいのか
悩まれている方もいらっしゃるかと思います。

これから不動産売買を検討されている方にとって、安心して手続きが進められるよう
大阪ホームでは誠心誠意サポートさせていただいております。

お気軽にお問い合わせください^^